香港新浪網 MySinaBlog
« 上一篇 | 下一篇 »
| 14 February, 2014 | 生活 | (20 Reads)

お願いいたします、星の月、私たちはついに来るのを待ち望んで年に一度の冬の運動会。

この日、天気はとても晴れ、私の気持ちもひときわ喜び。

まずはクラス代表チームに囲まれて運動場の一週。彼らを見て一つ一つ列て整然としたチームは、統一の衣装着て、鮮やかな赤いネッカチーフを贮めて、呼ぶ響高のスローガンを踏んで一緻のペース緩やかに掲揚台歩いてきました。

まずはは双として、私たちも興味津々の全体の学友に参加して、そして1分速度縄?ペア短い糸、滑ってスケボーを障害、卓球、綱引き……

でも、一番スリリングなは雪だるまました!八人一組の棒を持って、8人の一つ一つに回る。私たちの座席でごしごしと小さい赤旗を振って、応援叫び、他の同級生も叫び「三4班頑張って!三4班頑張って!」私は彼らは勇敢に向かってゴール。

羽根けり試合が始まった!クラスメートたちを蹴ったばかりのように良い、キックの時、気持ちがむずむず。私を見つめる羽子、牛の鞦の羽根を空に投げ、降って羽根に飛んで、殘念ながら私はまだ間に合って見て、羽根、「伏せて」の上に落ち。私の努力してキックよ、蹴りあ、やっと連続蹴り何で。最後、「初心者」もナシ。

今回の運動会は私にとってはとても貴重で、それはもう終わった。私が目を閉じても思い出すその中から知ったので、私は道理:何事も諦めなければ、中途半端で、必ず最後の勝利を取得する!